法人カードでローンを利用するというとき、利用額が異なると金利が変わります。多く借りて金利を下げます。

活用したいクレジットカードの便利な機能
活用したいクレジットカードの便利な機能

法人カードでのローンは利用額によって利息が異なる

月末の給料日前にお金が足りなくなるということがあります。結婚などをすればそういうことはありません。貯金などがあります。でも1人暮らしを始めたばかり、社会人になりたてのころなどは貯金がありません。給料をもらって喜んで使っていると、いつの間にか財布の中に紙幣がなくなっていることに気がつきます。銀行の口座にも残っていません。友達などがいれば、給料日まで食事の代金を借りるということができるかもしれません。でも毎月そのようなことをするわけにもいきません。信用も失ってしまいます。そこで利用する事があるのがキャッシングということです。給料日前にちょっとだけ借りるということができます。給料が入ってすぐに返済すれば、金利もそれほど大きくなりません。

このときに利用するといいますと数万円ということになると思います。10万円や100万円を借りる必要はないということです。借りたとしても、その大半を使わないまま返済するということになります。その分の金利も返済しなければいけないので無駄になってしまいます。ただし、キャッシングの会社によっては、最低利用金額というものがあります。数万円しか利用したくないのに最低金額が10万円とか50万円などの設定がされていれば、利用しなくてもそれだけ借りなければいけないということになります。そしてその分の金利を支払う必要があるということです。キャッシング会社を選ぶときには、最低利用金額を確認することも必要になってきます。

さらには金利についても知っておく必要があります。法人カードという場合、ローンを利用するときには、金額によって金利が変化するということです。ある業者においては、100万円未満と100万円以上において金利が異なるということでした。金額が多くなれば、それだけ金利も安くなるということです。ビジネスにおいては、一度に利用する金額が大きいことが多いですから、便利です。利用実績などにより、金利の幅があるということです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017活用したいクレジットカードの便利な機能.All rights reserved.